うつ病を理由に自己破産しました。(男性/30代)

男性/30代

私は大学卒業後に入社した会社にずっと勤めてきました。

自分では仕事と家庭を上手に両立しているつもりでも、相当ストレスが溜まっていたのかも知れません。
結婚後は今まで興味がなかったギャンブルにのめり込んでしまったんです。

特にパチンコは良い小遣い稼ぎになっていたので、仕事帰りや休みの日には1日中店に入り浸るという日々が続きました。

当然、出費は膨らむ一方で、それが借金生活の始まりでした。
倍にすれば返せると思い、借り続けているうちに取り返しがつかなくなってしまいました。

債務整理の経験がある友人に相談したところ、ギャンブルによる借金は自己破産できないと聞いてショックを受けました。

他に相談できる人もおらず、家庭や仕事のことで頭がいっぱいで…。
どうすることもできずにインターネットで検索していたところ、街角相談所-法律-というサイトを見つけました。

専門家の方に聞いたところ、やはりギャンブルが原因の自己破産は難しいということでしたが、
後に自分がうつ病の状態であることに気付いて、そこから意外な解決策が出てきたんです。

うつ状態を証明するためにも、通院には半年以上かかりましたが、
その後医師から診断書を書いてもらい、おかげで無事に自己破産の手続きができました。

確かに、ギャンブルが原因で借金をするのは自業自得です。

それでも返済が難しく、わらにもすがる思いで解決方法を探していた時、病気が原因であることに気付けました。
今では治療もして、パチンコからは距離を置く生活をしています。

自力で解決しようとしていたら、まだギャンブルに依存していたかもしれません。

専門家に相談して本当に良かったと思います。

債務整理の相談を無料でしたい方はこちら